導入事例

板橋センターホテル様

「板橋センターホテル様」のメインイメージ

東京都  分煙環境整備補助金を活用し、ロビーに喫煙室を設置 板橋センターホテル様は、都心へのアクセスに便利な場所に位置しているため、多くのビジネスマンに利用されています。また、機能性や防災防犯対策を重視した設備と、清潔感 […]

ご導入製品・サービス

2017年2月ご導入
喫煙ブース(屋内用排気接続型)1台 ※厚生労働省受動喫煙防止対策助成金 適用
東京都/ホテル

東京都  分煙環境整備補助金を活用し、ロビーに喫煙室を設置

板橋センターホテル様は、都心へのアクセスに便利な場所に位置しているため、多くのビジネスマンに利用されています。また、機能性や防災防犯対策を重視した設備と、清潔感のある環境のため、女性客も安心して過ごせるビジネスホテルです。快適に過ごして頂くため、女性向けのアメニティグッズの常設等、様々なサービスを提供されています。以前はロビーの一角にカウンター式分煙機を設置し、喫煙スペースとしていたため、お客様より「ロビーがタバコ臭い時がある」という声が寄せられていました。そこで分煙対策の見直しを行い、東京都 分煙環境整備補助金を活用し、2017年2月に喫煙ブースをご導入いただきました。

お客様インタビュー

――東京都の補助金を活用して、分煙対策を実施した経緯を教えて下さい。

当ホテルでは宿泊客の九割五分が男性です。稼働率が約八~九割を推移していますが、その稼働率を上げていくために、女性客を増やしていきたいと思いました。そんな中、女性の方のネットの書き込みで、「部屋は禁煙・喫煙に分けられているからいいのですが、ロビーがタバコ臭い」というコメントがありました。当時はロビーの一角を喫煙所とし、囲いも無くカウンター式の分煙機を設置しているだけでしたので、どうしてもロビーがタバコ臭くなってしまったのです。これから女性客を増やしていくためには、一つ一つ頂いた声はできる限り改善していきたいと思いました。そこで、もともと内装工事の件で取引のある取引先にご相談したところ、東京都の分煙環境整備補助金のご案内を頂きました。

――喫煙室を作るにあたって注意した点はありますか?

天井の部分ですね。ちょうど排気やエアコンの部分に触れてしまうため、特注で喫煙ブースの高さを低くする設計をしました。設置したらぴったり収まりましたね。あとは目隠しシートを貼ったり、フレームの色をホテルの内装に合うよう茶色にしました。既製品ではありますが、設置場所に合わせて設計してくれましたのでオーダーメイドに近いですよね。
助成金の申請手続きについて、わからないことばかりでしたし期限も迫っていました。東京都の方にご相談にお伺いした際にも、トルネックスさんが一緒に同行してくれたので助かりました。お蔭でスピーディーに申請ができましたし、厳しい審査も無事に完了することができました。
仕様は、喫煙ブースから外へ排気するタイプにしました。東京都が求める基準の風量をクリアするためにはしっかり排気しなければなりません。東京都の担当の方と測量会社の方が来て、煙を使った検査をしたのですが、「こんなに一目瞭然な結果は久しぶりに見ました」と仰っていましたね(笑)。

――導入後の反響はいかがですか?

タバコを吸わない人は、タバコを吸っている人がいると臭いですぐわかりますよね。でも、ロビーにいてもタバコの臭いが無くなったなと感じています。
客室のリニューアルが終わったタイミングで、ホームページに喫煙所のご案内をしたいと思っています。一般客の約6~7割はネット経由で申し込まれます。やはりそういう方たちに快適な環境で過ごして頂くことで、当ホテルの価値が上がっていくのではと期待しています。

 

関連製品

PAGE
TOP