企業情報

沿革

昭和43年5月 日本エアカーテンサービス創業。
昭和45年3月 日本エアカーテン株式会社設立。
昭和48年10月 横流半循環エアカーテン装置「エアゲート」開発販売開始、以来、各種工場用エアカーテン装置を次々と開発。
昭和57年2月 「エアゲート」(財)日本発明振興協会、発明大賞受賞。
昭和58年4月 松井茂夫、科学技術振興功績者表彰、科学技術庁長官賞受賞。
昭和59年10月 人工竜巻形成技術の研究に着手する。
昭和61年6月 人工竜巻式局所排気装置「ザ・たつまき」開発販売開始、以来「ドラフト・ゾーナー」等、
人工竜巻による各種環境装置を開発し、従来のエアカーテンと併せて、総合環境システムエンジニアリングの事業展開を開始する。
昭和62年4月 人工竜巻式喫煙所システム「トルネックス・エリア」開発・販売開始、以来、トルネックスシリーズなる人工竜巻システム及び負圧制御システム「トルネックス・パネル」等、エアカーテン式喫煙所システムを開発し、分煙市場の創出を目指した新事業を展開する。
昭和63年7月 国際発明協会、天才賞 (最高位) 受賞。
昭和63年9月 国際学会 (London) にて人工竜巻形成技術発表。
平成元年10月 日本エアカーテン株式会社の100%子会社として、同社の製造するトルネックス・シリーズの総発売元、日本分煙株式会社設立。
平成2年3月 協和技術センター、新技術製品賞受賞。
平成2年6月 国際学会発表 (Oslo)
平成3年9月 国際学会発表 (Cincinnati)
平成4年6月 研究開発型企業育成センター (現:(財)ベンチャーエンタープライズセンター)、成功表彰。
平成4年11月 日本エアカーテン株式会社大阪営業所開設。
平成4年12月 トルネックス事業が、特定新規事業の通産大臣認定を受け、本事業に対する国の支援体制が整う。
平成5年7月 日本分煙株式会社の商号を株式会社トルネックスに変更。本社を新宿に移転し、ショウルームを開設する。
平成5年10月 トルネックス・シリーズの正規販売代理店を全国に設置する。
平成5年11月 ニュービジネス協議会、ニュービジネス大賞受賞。
平成6年6月 大阪営業所を支店に昇格。
平成6年11月 日本エアカーテン株式会社と株式会社トルネックスを合併。商号を株式会社トルネックスとする。同時にエアカーテン装置等、環境システム部門を分社。当社は喫煙所システム「トルネックス・シリーズ」各商品の製造販売一貫体制を整える。
平成7年5月 中国上海に統能克斯工貿(上海)有限公司を設立。トルネックス商品の製造、輸出を行う。
平成8年1月 (財)ベンチャーエンタープライズセンター、成功表彰。
平成8年3月 韓国 (Seoul) に販売会社Tornex (Korea) Corp. 設立。
平成8年11月 ニュービジネス協議会、アイデア賞受賞。
平成9年4月 統能克斯工貿(上海)有限公司が、上海市浦東新区人民政府の認定により「浦東新区文明単位」の称号を獲得。
平成9年7月 創業者である松井茂夫社長が代表取締役会長に就任。後任として松井周生が代表取締役社長に就任。
平成11年3月 南アフリカ共和国にFC形式にて販売会社、Tornex South Africa (Pty) Ltd.を設立。
平成11年6月 商品開発からアフターサービスまで一貫した体制を構築するため、東京都荒川区にテクニカルセンターを開設する。
平成11年7月 本社を中央区日本橋小舟町に移転するとともに本社ショウルームをリニューアルオープン。
平成11年10月 統能克斯工貿 (上海) 有限公司が上海市税関の認定により、「A類企業」の称号を獲得。
平成12年3月 英国に販売会社欧州トルネックス株式会社 (Tornex (Europe) Ltd.) を設立。翌平成13年5月より英国にて販売を開始する。
平成12年12月 統能克斯工貿 (上海) 有限公司、ISO9002認定取得。
平成13年8月 福岡市に福岡営業所開設。
平成15年2月 宇部市に山口営業所開設。
平成15年5月 ISO14001認証取得。
平成16年10月 統能克斯工貿 (上海) 有限公司、営業所及びショウルーム開設。
平成20年3月 株式会社防災備蓄センター設立。
平成20年8月 株式会社イクイップメント・アンド・ファシリティ・デザイン設立。
平成22年4月 宇部市東本町に山口営業所に移転。カスタマーサービス山口事務所に変更。
平成22年6月 大阪市淀川区西中島に大阪支店を移転。
平成26年9月 名古屋市に名古屋営業所開設。

お問合せ

03-5643-5800

お電話によるお問合せ受付時間は
9:00〜17:30(土日祝日を除く)

お問合せフォーム

PAGE
TOP