分煙のご提案

お客様の環境に最適な分煙環境をご提案

お客様の環境に最適な分煙環境をご提案

分煙対策は、実施する場所によって対策方法が変わります。オフィスの場合は「喫煙室」を設置するのが主流ですが、飲食店の場合は喫煙・禁煙を席で分けるケースが多くなります。
また、建物内を禁煙にして屋外に喫煙所を作る場合や、壁で区切れない場合に、オープン型の喫煙所を設置する場合もあります。

喫煙室

喫煙室

オフィスや公共スペース等、多くの場所では仕切りで囲われた喫煙室に換気扇を設置しています。厚労省の分煙効果判定基準では喫煙室の外に煙が漏れないだけでなく、喫煙室内の粉塵濃度にも配慮するようになっておりますが、換気扇だけで粉塵濃度を下げるには大量の換気風量が必要になるため、喫煙室の中に、換気扇と空気清浄機(喫煙所システム)を設置しています。

喫煙室の分煙ポイント

喫煙室の分煙ポイント

喫煙室の分煙ポイント
オープン型喫煙所

オープン型喫煙所

天井が高くて完全に仕切りで囲うことができないような場所、又はお客様の都合で仕切りをつけられない場所にオープン型喫煙所を設置することがあります。
オープン型喫煙所は、極力煙が漏れないように、換気扇をつける、空気清浄機で煙を集塵する、エアカーテンでたばこの煙の漏れを防ぐなどの対策を行います。

オープン型喫煙所の分煙ポイント

オープン型喫煙所の分煙ポイント

オープン型喫煙所の分煙ポイント

(1)煙を漏らさない「パーティション」

天井が高くて完全に仕切れない場合でも、ローパーティション、垂壁などで仕切ることで、煙の漏れを軽減することができます。

(2)排気する「排気設備」

喫煙エリアの空気を外に排気します。
完全に仕切ることができない場合、空いているところから煙が漏れてしまうので、可能な限り風量の多い換気をつける必要があります。

(3)空気をキレイにする「喫煙所システム」

空気清浄機(分煙機)は、煙をフィルタで集塵し、粉じん濃度を下げて空気をきれいにします。
※空気清浄機のみでは、ガス成分を除去できません。

(4)その他「エアカーテン(排気との組み合わせ)」

エアカーテンは、簡易的に取り付け可能で、排気との組み合わせで煙の漏えいを軽減します。
※パーティション、エアカーテンと一体型の分煙機もあります。

飲食店分煙対策(仕切り+エアカーテン)

飲食店分煙対策(仕切り+エアカーテン)

飲食店などで、喫煙席、禁煙席に分けた場合に、何も対策をしないと、席の境界部分で煙が喫煙席から禁煙席に流れてしまいます。そこで、喫煙席側に必要な換気量の換気扇を設置する、仕切ることができる部分は極力仕切る、仕切ることができない部分はエアカーテンを設置するなどの対策を行います。

飲食店の分煙ポイント

飲食店の分煙ポイント

飲食店の分煙ポイント

飲食店分煙の場合、喫煙席から禁煙席へ煙が流れないよう配慮が必要です。パーティション等で仕切り、開口部にエアカーテンを設置することで煙の漏れを抑えます。入り口の高さに合わせて風量を無段階で調整できるエアカーテンが効果的です。


(1)煙を漏らさない「パーティション」

喫煙席から禁煙席への煙の漏れを防ぐために、空間を簡易的に仕切れるパーティションが適しています。
※通路にはドアを付けない場合が多いです。

(2)排気する「排気設備」

喫煙席の空気を外に排気して、非喫煙側に空気が流れることを防ぎます。
神奈川県の条例では、喫煙席の入口において(開口部)喫煙室内に向かう風速が 0.2m/s以上となるように設計することになっています。

(3)空気をキレイにする「喫煙所システム」

空気清浄機(分煙機)は、煙をフィルタで集塵し、粉じん濃度を下げて空気をきれいにします。厚生労働省は、喫煙席の粉じん濃度を基準値まで下げることを助成金の基準にしています。
※空気清浄機のみでは、ガス成分を除去できません。

(4)その他「エアカーテン(排気との組み合わせ)」

エアカーテンは、簡易的に取り付け可能で、排気との組み合わせで煙の漏えいを軽減します。

屋外喫煙ブース

屋外喫煙ブース

施設内を全面禁煙にして、入口に灰皿を設置すると、施設の入口が喫煙所になってしまい、周囲に煙が拡散してしまうだけでなく、美観も損ないます。そこで、周囲に煙が拡散しないように空気清浄機能を備えた喫煙ブースを設置する事例が増えています。

屋外喫煙ブースの分煙ポイント

屋外喫煙ブースの分煙ポイント

屋外喫煙ブースの分煙ポイント

屋外の喫煙場所でも周囲に煙を拡散させない配慮が必要です。 喫煙ブース内の空気環境は、厚生労働省の分煙効果判定基準や、神奈川県受動喫煙防止条例などの法令基準に配慮した設計になっています。 喫煙ブース内のタバコの煙も空気清浄ユニットを使ってクリーンに排気することができ、お子様やタバコを吸わない方の利用が想定される公共的な空間でも、受動喫煙を抑制することができる環境配慮型の喫煙ブースです。


(1)煙を漏らさない「パーティション」

天井付きなので、屋外だけでなく、天井が高い屋内にも適しています。
屋内設置の場合、建物の排気との接続が必要です。

(2)排気する「排気設備」

喫煙室の空気を外に排気します。
そのまま外に排気するタイプとフィルタできれいにしてから排気するタイプがあります。

(3)空気をキレイにする「喫煙所システム」

空気清浄機(分煙機)は、煙をフィルタで集塵し、粉じん濃度を下げて空気をきれいにしてから排気するので、周囲の粉じん濃度が増加しません。
※空気清浄機のみでは、ガス成分を除去できません。

(4)その他「エアカーテン(排気との組み合わせ)」

エアカーテンは、簡易的に取り付け可能で、排気との組み合わせで煙の漏えいを軽減します。

分煙対策に助成金、補助金が適用されます。

厚生労働省が中小企業の分煙対策に対して費用の50%、最大200万円を助成する「受動喫煙防止対策助成金」を2011年から実施しています。また、東京都も都内の宿泊施設、飲食店を対象に分煙対策費用の80%、最大300万円を補助する「分煙環境整備補助金」を2015年から開始しました。

厚生労働省「受動喫煙防止対策助成金」
東京都「分煙環境整備補助金」
お客様に最適な分煙のご提案をさせて頂きます
  • 分煙に関する無料相談「お問合せはこちら」
  • メンテナンスに関する「お問合せはこちら」

関連コンテンツ

お問合せ

03-5643-5800

お電話によるお問合せ受付時間は
9:00〜17:30(土日祝日を除く)

お問合せフォーム

PAGE
TOP